養蜂場日記

南国の黄色い電車

2016年3月27日 / 養蜂場日記

鹿児島トリム

お早うございます。
私が再び鹿児島に帰省していたために、久しぶりの更新になりました。

鹿児島では路面電車が活躍しています。
バスを待っていて目の前を通った黄色い電車を撮ってみました。

鹿児島市交通局のHPから
「この1000形は、車両の真中部分(客室)が宙に浮いたフローティング構造で、世界初のブレーキシステムを採用している車両です。
カラーリングは南国鹿児島の明るい太陽を表したイエローと、超低床式車両の人に優しい機能を表すベージュをイメージカラーとしています。
シャープな直線から柔らかな曲線に変化するこのカラーリングは、元気都市鹿児島の躍動感を表現しています。
現在、9両が活躍中です。 」

バスのデザインもヤシの木が車体に描かれていたりと、南国らしい明るい色彩に溢れています。
やっぱり気温も違います。宝塚に戻って来たら何だか久しぶりに「寒い!」と感じたことに驚きました。

人も景色もゆったりのんびり・・・
バス停に立っていると、知らない人が普通に話しかけてこられます。
バスの中で、隣に座った見ず知らずの方とおしゃべりが弾んだことも何度もあります。
昔はバスや電車の中で、前に立った人の鞄や荷物を自分の膝に乗せてあげていました。
全ての乗客がそうしていて、それが当り前のことでした。
鞄を持ってもらったのは良いけれど、次々に乗ってきた人に押されてそこから遠く離れてしまい、降りる前に必死で取りに戻らないといけないこともありました。

銭湯に行くと、知らない人同士で背中を流し合うのが決まりごとのようになっていて、私も子供のころは銭湯に通っていたので「嬢ちゃんお願い」と石鹸の泡だらけのタオルを渡されたものでした。
そのタオルで背中をこすってあげると、次はそのおばちゃんやお婆ちゃんが私の背中を洗ってくれるのです。
みんな力を込めてこすってくれるので、踏ん張らないと前につんのめりそうになったものです。

あの頃のおばちゃん達、どうしているかな~

軽トラの”スーさん”大活躍!

2016年3月19日 / 養蜂場日記

軽トラのスーさん

知人を通じて我が家にやって来たのが写真のスズキの軽トラックです。
20歳の高齢ですが、まだまだ足腰もしっかりしており、貴重な戦力として大活躍の毎日です。

譲っていただいたお礼としてお渡ししたのはハチミツ2瓶。
物々交換になってしまいましたが、今では宝塚はちみつのかけがえのない存在になりました。
ホームセンターで購入した重量のある物、かさばる物の運搬にはなくてはなりません。

今日も真砂土の入った袋15個(1袋30kg)を2度も運んできました。
”スーさん”ありがとう!

ついに実った”ポポー”

2016年3月15日 / 養蜂場日記

ポポー

 

8年前に養蜂場の隅に植えておいたポポーに、昨年初めて実がつきました。
全部で30個ほどの立派なものです。
その昔、アメリカインデイアンが食していたという珍しい果物。
この2~3年、愛好家が増えてきているとのこど、品種もいろいろ出てきているようです。

初めて食べた感想は、とにかく不思議な味、不思議な香りで、今まで食べた果物の範疇に入れるのは少し難しい。
強いて言えば、バナナみたいなマンゴーみたいな、けれどもそれほどはっきりした味でもない・・・
なんとも言えない、とにかく不思議な果物です。

最初の一口の後、妻は一言「ナニコレ」,養蜂家は「エエ~」。
そうなのです、あれこれ想像、期待していたものと大分違っていたのです。正直言って、アンマリ オイシクナイ。
ところが、養蜂場から帰るたびに持ち帰り、もったいないからと食べていた養蜂家の味覚に変化が起きたのです。
あっさりした味の中に独特の甘み、うまみを感じるようになってきました。止められない、止まらないカッパエビセン状態です。

養蜂家の朝と昼

2016年3月12日 / 養蜂場日記

お弁当 お芋

玄米おにぎり

これは養蜂家がこの時期持参する朝食と昼食です。
冬の間はしっかり朝食を食べてから出かけますが、春になるとご飯を食べる間もなく早朝に出掛けるので2食分持って行きます。
特大のお芋2本、茹で卵2個、これまた特大の玄米おにぎり2個。これが現在のパターンです。
卵が手前にあって大きく写っているのでよく分からないのですが、実際はびっくりするほど大きなお芋です!
おにぎりもLLサイズですよ。

これを全部食べたあと「腹減った!倒れそうだ!」と言いながら帰宅します。
・・・胃の底が抜けているのでしょうか?
私はとても小食なので、少なく見積もっても(大袈裟でなく)私の10倍は食べています。
ちなみに主人のご飯茶碗はどんぶりです。

「あなたみたいな丈夫な胃だったら良いのにな~」と言うと
「実は俺は胃が弱いんだ」と悲しそうな顔で言うのです。
「ウソつけ!」(笑)
上沼恵美子さん風に言えば「どのクチが言うとんじゃ!」という感じでしょうか?( 私はそんなこと言いませんよ、もちろん!)

そろそろこのパターンにも飽きてきたようですし、ちゃんとしたお弁当を持って行く季節になりました。
お弁当箱も、ご飯が沢山入る大~きな物です。これから私は毎日のおかずの心配が始まります。

でも健康で、こうして毎日元気で働いてくれることがとても有難く、本当に感謝しています!
今日もいっぱい食べて元気でね(^^♪

寒椿

2016年3月10日 / 養蜂場日記

寒椿

雪をまとった一本の椿。
寒さの中・・・赤い花が鮮やかです。

養蜂家の好きな花の一つが椿。
幼いころ、いくつもの椿の花を麦わらに通して(要するに椿のレイ作って)遊んだ思い出につながる、懐かしい花なのです。

春先の庭、椿のレイを首に掛けて揺らしながら駆け回っていた、幼い頃が思い出されます。

この子です”ジョー君”

2016年3月8日 / 養蜂場日記

昨日のブログに書いた、ジョービタキのジョー君です。
カメラを取りに行っている間に、林に飛んで行ってしまいました。
普段はもっと近くまで寄って来て、ひくっひくっとお辞儀のような動きで和ませてくれますが、これはちょっと遠目から撮ったものなのではっきりと分かりませんね~
今度はもっと近くで撮ってみます。

ジョー君

ジョー君

2016年3月7日 / 養蜂場日記

養蜂場に着いて車のドアを開けると、どこからともなく「ヒッ」「カッ」という鳴き声が聞こえてきます。
友達のジョー君です。「おはようジョー君!今日もよろしくな!」 いつもの挨拶です。

大陸のチベットや中国東部から渡ってくる冬鳥のジョービタキです。

養蜂家はオフシーズンの冬季に養蜂場の整備を行います。
草の根を掘り起こしたり、溝を掘ったりと、土をいじることが多くなりますが、その時がジョー君にとってはベストタイム。
掘り起こした土の中にいる虫が冬場のありがたい食物になるのです。

クワやツルハシを持って養蜂場に立つと、いつの間にか近くに来ています。
ひくっ、ひくっとお辞儀をするような軽快な動きを繰り返しながら、その時を待っています。
さほど警戒心は強くなく、3~4メートルの距離までは普通に近寄ってきますが、虫などを見つけたときには素早い動きで足元まで来ることもあります。

早春の柔らかな陽ざしの下でジョー君と過ごすひと時は、養蜂家のひそかな”癒しの時”---ほっこりと温かい気分に満たされます。
まだまだ3月いっぱいまでは、この毎日のお楽しみの時間が続きそうです。

★ 養蜂家が撮ったジョー君の写真は、例によって明日アップしますね。

養蜂家妻

養蜂場も真っ白!

2016年3月6日 / 養蜂場日記

P1030774

養蜂場も真っ白!

3月のスタートは季節外れ?の強烈寒波。巣箱にも雪が積もっています。
宝塚でも養蜂場のある山間部の冷え込みはかなり厳しく、夜間の気温が氷点下3~4度になることはめずらしくありません。氷点下10度近くになることもあるのです。

今年は降雪も少なく、このまま春に突入かと思っていましたが、いきなりの白い朝に”ビックリポン”。(このところ養蜂家は”あさが来た”にはまっています。昨年の今頃は”マッサン”にはまっておりました。
妻に録画してもらい、晩御飯の時に見るのです。

寒風が吹き、霙や氷雨が巣箱をたたくような時でも、大きな塊になったミツバチたちは、一匹一匹がこまかく身体を震わせて発熱し、数千匹(群れによっては冬季でも万を超える)が出す熱によって、巣箱の中は暖かく保たれています。

女王蜂はすでに産卵を始めています。働き蜂がどんどん増え、大きく、強く、健康な群れに育ち、花の季節の大活躍を願う養蜂家です。

昨日の画像?葦簀のある風景

2016年3月5日 / 養蜂場日記

ウグイス初音日記画像

昨日の「初音」の画像です。
今の養蜂場の写真ですが、これが何でウグイスの初音と関係あるの?と思うのですが~
本人がこれが良いというので、このままアップすることにします。

屋根があるように見えますが、屋根ではなく葦簀(よしず)です。
真夏の直射日光の元では巣箱が暑くなり過ぎてミツバチ達が可哀想と、養蜂家が一所懸命に設置したものです。
固い土に穴を掘り何本ものポールを立て、葦簀をかぶせた苦心作です。
これがあるお蔭で、真夏の強烈な陽射しの下でもミツバチ達は元気に過ごせるのです。

ちなみに、簾(すだれ)は細く割った竹を並べて糸で編んだもので、日よけや目隠しなどの目的で使われるものの総称。
葦簀(よしず)は、すだれの一種だが材料に葦(ヨシ)という植物が使われているものを言うそうです。

初音

2016年3月4日 / 養蜂場日記

今年のウグイスの初音は2月20日。
列島を春の嵐が襲い、大雨を降らせた日ーーー養蜂場周辺にもかなりの雨が降っていました。
屋内の作業に精を出す養蜂家の耳に聞こえてきたのは、ウグイスの鳴き声。
へたくそなホーホケキョですが確かにウグイスの声です ♬ ♪

毎年のことですが、最初の頃は思わず吹き出してしまうほどの音痴ぶりなのです。
しかし1週間もすれば、ほぼ完全なホーホケキョになり、その健在ぶりを誇るかのような歌いっぷりに変貌していきます。

今年も又、8月、9月、遅い時には10月頃まで、その名調子を耳にすることになります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

久しぶりの更新です。
主人である養蜂家が書いた「下書き」を、妻の私がHPにアップしています。
本人はそんな事をしている時間がないのです。朝から晩までお昼を食べる間も惜しんで働いて、帰宅するとバッタリ倒れこんでしまいます。もちろん、日曜も祝日もありません!
(お弁当を食べるのも忘れて、そのまま持って帰ることもあります!)
お腹が空き過ぎているのに、しばらくは食べる元気もありません。
それからおもむろに起き上がってご飯を食べ、ようやく元気を取り戻すといった毎日です。
高校生並みに食べるのでご飯が直ぐに無くなってしまい、私は「飯炊き女」と化しています(笑)

実はしばらく私が実家に帰省していましたので、日記の内容がどんどん遅れてしまいました。
どの写真をアップして良いか聞く時間がなかったので文章のみになりました。
明日には写真もアップできると思います。お楽しみに(^^♪

🌸ジェンヌの花束と今年限定の蜂蜜🌸

◆今年の新蜜の予約受付開始致します。オンラインショップのカートに「予約受付中」という選択を2月11日までには出せる予定です。詳しくは最新のお知らせをご覧ください。
◆今年限定の美味しい蜂蜜が2種類採れました!
ぜひ最新のお知らせをご覧ください。

🌸  養蜂場の動画 🌸

大阪のテレビマン達が作るコンテンツ「ぷくすけ」に宝塚はちみつが上げられています。

養蜂家と妻の素顔、養蜂家になった経緯や思い、蜜搾りの様子などをご覧いただけます。
またホームページでは完売したフローラ宝塚300gを限定販売しています。

① フローラ宝塚300g販売
② 動画 養蜂場・蜜搾りの様子・養蜂家の思いなど
以下をクリックしてご覧ください。

https://pukusuke.stores.jp/items/617f7e6f33037830ae718a45

たからづかびと vol.1 【宝塚はちみつ】明利忠明さん・ひかるさん | ぷくすけ!|新たな世界に出会える動画のデパート (pukusuke.com)

宝塚市の宿泊御礼キャンペーンのプレゼント商品に選ばれました


宝塚市の宿泊御礼キャンペーンのプレゼント商品に選ばれました。
このインパクトあるキャッチコピーのポスターが、電車の中吊り広告として大阪の御堂筋線、北大阪急行の車両で見ることが出来ました。
宿泊御礼キャンペーンは2021年1月31日まで実施されました。

販売店

◆宝塚阪急(阪急百貨店 宝塚店)
阪急宝塚駅直結
1階「銘菓銘品 日本の味」売り場
TEL 0797-81-8430

◆宝塚北インター サービスエリア
宝塚市玉瀬字奥之焼1-125
売店及びテイクアウトスイーツ売場
こちらでは「宝塚はちみつヨゴリーノ」も召し上がって頂けます
TEL 0797-83-5601

◆あいあいパーク ギャラリー
阪急山本駅徒歩5分
TEL 0797-62-7101

◆ナナファーム須磨
神戸市須磨区外浜町4-1-1
TEL 078-733-7722

✿ 宝塚阪急では170g、あいあいパークは170g・300gの小瓶のみ販売しています。
✿北サービスエリア売店は170g、「ヨゴリーノ」では他のサイズもご用意しております

🌸 パンフレット等に記載の住所、またグーグルマップで出る「宝塚はちみつ」は自宅兼オフィスです。
店舗ではなく販売もしておりませんので、ご購入は当サイトのオンラインショップ、または上記の店舗でお願い致します。

🌸 ふるさと納税記念品 🌸

宝塚市のふるさと納税記念品に選定されています。こちらからどうぞ。

https://www.furusato-tax.jp/product/detail/28214/49233

受賞歴

食の3重丸受賞

宝塚はちみつが「食の3重丸」を受賞いたしました。
「食の3重丸」とは「日本産・環境に優しい・安全安心」の、厳しい基準をクリアした製品に賞を授与し、その製品作りを応援することで食料自給率の向上、CO2削減、食品の安心安全を目指す非営利の公益事業です。

>> 続きはこちら

五つ星ひょうご

宝塚はちみつが平成26年11月「五つ星ひょうご」に選定されました。
「五つ星ひょうご」とは兵庫五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の豊かな自然や歴史・文化を生かした商品のうち、"地域らしさ"と"創意工夫"を兼ね備えた逸品を「五つ星ひょうご」として全国に発信するものです。

モノ・コト・バ 宝塚Selection

宝塚はちみつが宝塚ブランド「モノ・コト・バ 宝塚」セレクションに選ばれました。
宝塚市の価値ある資源として市から認められた証しです。

>> 続きはこちら

宝塚はちみつ【電話・FAX注文窓口】

TEL/FAX 0797-51-7878

受付 9時~18時

天然無添加 宝塚養蜂場のはちみつ

天然蜂蜜は”ミネラルやビタミンの宝庫”です。花の蜜は蜂の持つ酵素の不思議な働きで、滋養豊かな「ハチミツ」に変化するのです。

TOPへ戻る